2021年9月 7日 (火)

猛き者も遂には滅びぬ

 7月末に友人をすい臓がんで亡くし、先日 9月3日には懇意にしていた先輩が亡くなった。知り合いがどんどん亡くなっていくのは本当に寂しい。仕方のないこととは言いながら、こうして世の中が刷新していくことにもなるのだと思う。新しい命が生まれれば、応じて古い魂も消えざるを得ない。平家物語に言う、「猛き者も遂には滅びぬです。猛さん、ゆっくりとお休みください。


| コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

確定申告

今年も確定申告の時期が来た。

毎年のように、電子報告で確定申告を済ます。

毎年でも中身は違うのと、一年ぶりに取り組むので

思い出すのに時間がかかる。

さらに、今年はウィンドウズを新しくしないと動作

しないようなので、新品パソコンで取り組む。

 

| コメント (0)

2020年8月28日 (金)

数年ブログに注力しないうちに色んなことが起こりました。

何故、私がおかしな輩のターゲットにならないといけなかったのでしょう。

それは、たまたまと言うか運命のようなものなのだったかもしれません。

昨年の4月、平成31年から令和2年の6月までに私は9回も器物損壊の

被害届を警察に出しました。

犯人は、何とか6月に逮捕されまして最近は安心しましたが、その逮捕された

被疑者は何も面識がないし、通り魔のような輩に長いこと苦しみました。

この続きは、またの機会に。

| コメント (0)

2018年1月23日 (火)

カラオケ イチローのポイントカード規約

ポイントカード会員規約を下記に規定します。

【お問い合わせ】
カラオケ イチロー ポイントサービス内容についてのお問い合わせ、ご相談は下記までご連絡ください。
◆オフィス タカイチ

尾張旭市井田町2丁目74番地

TEL (0561)76-1621

平成30年1月23日現在

» 続きを読む

| コメント (0)

2011年10月15日 (土)

原子力発電と科学技術

東日本大震災が来襲して半年以上が経ちました。大変な犠牲を払い、多くの教訓を得たはずですが、振り返ってみて何が残ったのでしょう。科学者、技術者は何を回想しているでしょうか。

» 続きを読む

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

今夏は特に節電・省エネ対策が叫ばれます

今年、2011年は東日本大震災の影響で電力不足に陥り、節電対策が重要になってきます。一応の目標は15%の削減です。元々、電気は100年余り前にはほとんど利用されていませんでした。快適で豊かな生活が享受できるのは電気などの社会インフラが充実しているからです。

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

闘病記「躁鬱病」を追憶して

躁鬱の病を得ていた時の上司が逝去し、それを告げてくれた友人がいました。20年近くも前のことを振り返り、今の心境をパソコンメールで以下のように返信しました。

「別ルートからのメール転送を受領しまして、その事実を承知しています。肝臓がんで1222日逝去され、25日通夜式、26日告別式と通知がありました。間があくのは25日が「友引」ですから、その日に送り出す訳にいかないのでしょう。縁起担ぎもありますが火葬場が休日に充てていることも考えられ物理的に不能らしいのです。葬儀に列席するのは、彼に対する感情を熟知する人から見て不思議に見えるでしょうから、辞退を考えています。

彼は、私が精神的に参っていた時に上司を務めてくれた人でした。当時メンタルヘルスの重要性に社会も会社も理解が無かった時代でしたから、扱いに苦慮していたと想像しています。ただ、少し遅れて同じ病を得た5歳ほど年下の人が、職場や家族などの周囲の人に支援され近代的な病院で治療に専念し、早期に見事立ち直った事例は全く好対照です。

残念なのは、彼が成果を上げにくい職場で事なかれ主義に陥り、私に仕事をさせず虚言を用いて私の幹部登用への道を塞いていたことです。気分が塞いでいた時期、リハビリを想定した環境でお世話になっていたのですから、今は仕方がないと思います。

会社で課長職にすら就けない体たらくでは、学資を工面して東京へ出してくれたおやじに今も済まない気持ちです。さぞ息子を情けないと思っていたことでしょう。その意味では貴方の指摘される「宿敵」よりも「親のかたき」です。たまたま彼が上司でしたが、無理解の時代であれば彼でなくても同じ事態だったかと思います。

しかし、病は病ですから発症は誰の責任でもありません。彼が、がんに罹患した理由が無いのと同じです。私の場合、今から考えると一番大きな理由は精神的ストレスに弱い頭の構造で、馬鹿正直な几帳面さが災いし、頑張り過ぎた結果の不眠があったのでした。

休まない頭は軌道を外れ、攻撃的に人に干渉するようになり、家族にも職場にも友人にも迷惑を掛けました。全く「汗顔の至り」です。今でも先妻はその折の無礼な仕儀を恨んでいるでしょう。今も怒りの解けない人には申し訳ありませんが、先妻以外はもう水に流してくれていると身勝手に考えています」

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガードレールに衝突

ガードレールは安全のために設置してあるのですが、このガードレールにわずかに接触して車に傷を付ける。もちろん相手は静止しているから当方が悪いに決まっている。あまり近づくとガードレールが運転席から見えないので こんな不幸なことになりますが、人に話しても笑われるだけです。

ですが、「男女6人乗った車がガードに衝突」のニュースは笑い事で済まない残念な事故です。
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20060505i02.htm
ここからは小父さんの勝手な推測の入ったつぶやきです。
「運転免許を取ったばかりの若い彼らは無限の可能性を秘めて前途洋洋なのですが、何かの重圧感から解かれ度を過ごしたように思えます。スピード出しすぎが直接の事故原因のようで、後部座席の男性四人全員が死亡、助手席の彼女と運転していた男性が軽傷とあります。
普通、後部座席の人はシートベルトをしませんので、後部座席四人は車外に投げ出されたのでしょう。シートベルトやエアバッグの効果は歴然としています。前途洋洋で社会に船出しようとしていた彼らを知る人は残念で仕方ないでしょう。
死んでは何にもなりません。まさに『死んで花実がなるものか』です。小父さんは無為に死ぬのが一番いけないと思います。せっかく、これから楽しいこと、うれしいこと、時に悲しいことも、すべてひっくるめて経験する人生のスタートに立ったばかりだったのでした。
度を過ごすのも、考えて欲しいと思います。生死にかかわる度の過ごし方は絶対に駄目です。それが母親への最小限の親孝行だと思います。自戒を込めて、そう思います」

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

肋膜炎は性質の悪い病気ではないようです

40年位も前ですが、肋膜炎を患いました。その病気のことをたまに聞かれることがあり体験をお話しますが、体験者としてこの欄で紹介するのを忘れていたことがあります。

それは、現在の医療技術から考えてしっかり治療すれば怖くない病気だと思っていることです。

病気の性質は結核と似ているらしいのですが、昔の「結核」「肺病」という暗いイメージと違い当時でも特効薬がありました。ただ、今でも胸部レントゲン撮影をするとわずかに癒着の痕があり、病気したことを思い出させます。再発する恐れがあるからと一年くらい、薬を飲み続けるよう指導されましたが、現在はさらに闘病が楽になっているかもしれません。

私の場合、学生時代の気ままで規律のない非衛生な生活がひとつの原因だったと反省していますので、いつも規則正しく、衛生的で、栄養と休養を十分に取るよう心がけています。自分の体は、心身ともに自分が管理する気持ちが大切と思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

桜花の真っ盛り

通勤途上でも桜が満開になって来たのが分かります。

日本人好みの桜は私の勤務している市の花でもあり、春の訪れを告げる気になる花です。開花したと言っては話題になり「満開近し」と聞けば一度観桜に出かけたくなります。開花から約一週間で満開になりますので見ごろの見当は付くのですが、週半ばにあたると勤め人は困ります。ならば、遠地に出掛けるかとなります。

この桜花、公園、川岸、学校、沿道でよく見られますが生活者が居住する場所には植えられていません。生長がはやくすぐに大木になり、毛虫がたくさん付くのが原因のようです。桜餅を包む葉は柔らかく、毛虫にも好まれているのでしょう。

最近、気が付いたのですが、花弁はみんな下を向いて咲いています。少し垂れ下がった枝の下で花を眺めます。最後になるかも知れないと思いつつ亡母と一緒に病院の散歩道で見た桜を今年も見て感傷的になります。そういう気にさせるのも桜花がすぐにいっせいに散るとの予感があるからでしょう。どんどん進むばかりで何事も止まっていてはくれません。まさに「淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし」だと思います。

今日一日、生ききろうと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«闘病記「肋膜炎」0710